2017年09月29日

エンジンスターターの取り外し

廃車予定のザッツ。
エンジンスターターが付いているので
取り外してみました。
(取り付けは購入店にお願いしてました。工賃5000円くらいだったかな)

エンジンスターターは、Carmate の TE-W1900。

1.取り付けマニュアルがメーカーWebサイトにPDFであるので
 ダウンロードして参照。

2.ハンドル回りのカバーを外す。
 ・下側に2本あるプラスネジを外す。
 ・上下のカバーを分離。プラ爪になっているので
  マイナスドライバーを使用。
 ・シフトレバーが「P」だと外しにくいので「2」にする。
 ・下カバーを外す。
 ・上カバーを外す。
 ・シフトレバーを「P」に。

3.ブレーキ線を外す。
 ・結束バンドで固定されている部分をニッパーで切断。
  (既存配線を切らないよう注意)
 ・ブレーキペダル上のコネクタを外す。
 ・作業しやすいように外したコネクタを右側に移動。
 ・ワンタッチコネクタで接続されていたので
  ストッパーと外し、隙間をマイナスドライバーで
  広げて外す。
 ・元の線をビニールテープで補強。

4.エンジンスターター本体の取り外し。
 ・結束バンドで固定されているのでニッパーで切断。
  (既存配線を切らないよう注意)
 ・ハーネスの受けと先を確認し、コネクタを差し替える。

5.アース線を外す。
 ・結束バンドで固定されている部分をニッパーで切断。
  (既存配線を切らないよう注意)
 ・アースされているボルトを緩めて外し、ボルトを締める。

6.エンジンが掛かるかテスト。

7.ハンドル回りのカバーを元に戻す。

という感じで、1時間ちょっとの作業でした。


posted by 乱々 at 17:59 | Comment(0) | ザッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。